このページを印刷する

J-SOX・内部統制構築支援

エンロンやワールドコムの粉飾決算をきっかけに、米国では経営者に内部統制の構築責任を持たせたSOX法が制定され、日本でも新会社法、金融商品取引法の制定により、内部統制の構築が求められています。

しかし、単純に法に従って内部統制環境を構築しただけでは、業務効率の低下、顧客満足度の低下などの問題が生じます。

マインズコンサルティングの内部統制構築コンサルティングは、法対応を企業変革のチャンスととらえ、法対応するとともに、業務効率向上、顧客満足の視点を重視した内部統制の構築を支援します。

対象経営課題

  • 内部統制構築の必要は理解しているが何から手をつけていいかわからない
  • 内部統制構築により業務効率が極端に低下した
  • 内部統制構築に当たって現場の理解を得られない

期待される導入効果

  • 機能する内部統制が構築できます
  • 文書化作業を効率的に進めることができます
  • 業務プロセスを「見える化」することができます
  • 株主や取引先への信頼性が得られます

内部統制環境の構築

内部統制環境の構築は以下のステップで実施します。

1

全体計画の策定

このフェーズでは内部統制の方針を決定します。
対象となる会社、部門、業務プロセスを明確にします。

2

業務プロセスの文書化

リスクを洗い出し、統制を検討し、
対象となる業務プロセスを文書化します。

3

整備状況の評価

ウォークスルーを行い整備状況の有効性を評価します。
改善案を検討し、実施します。

4

運用状況の評価

サンプルプロセスを抽出し、
運用状況の有効性を評価します。

5

改善策の検討と実施

内部統制の構築において抽出した課題に対する
改善策の検討、及び実施を行います。

運用評価支援

内部統制の運用は、会社が存続する限りは毎年続けていかなければなりません。 運用フェーズを継続できるよう効率化することが内部統制を成功させるカギです。マインズコンサルティングでは、貴社の内部統制を有効かつ効率的に運用できるように支援します。

  • キャッチアップソリューション
  • ISO取得支援
  • Pマーク取得支援
  • BCMS(事業継続マネジメントシステム)コンサルティング
  • REACH,RoHS(化学物質規制)と事業戦略
  • J-SOX・内部統制構築支援
  • マインズコンサルティングのエキスパート紹介
  • マイコンジャーナル
  • コンサル用語集

このページの上に戻る