このページを印刷する

マーケティングリサーチ

市場・ニーズ調査(セグメント・ターゲット調査)|顧客満足度調査従業員満足度調査

マーケティング戦略を立案するうえで、欠かせないのがマーケティングリサーチです。市場・ニーズ調査は、最も一般的なマーケティングリサーチになります。 年齢・性別はもちろん、職業、所得、未既婚、住居環境から生活スタイル、所有物、趣味・嗜好など、あらゆる面でのセグメントを考慮し、ターゲットを決定します。また、そのターゲット層に対する有効なアプローチ方法など、戦略を策定する上での基礎資料となります。

マインズコンサルティングは、マーケティングを最も得意とするコンサルタント会社として、調査の計画立案から実施、分析、戦略策定に至るまですべてをお引き受けすることができます。

対象経営課題

  • 製品、サービスの受容性やターゲットの特定をしたい
  • 商品コンセプトを策定したい
  • 適正価格を策定したい
  • 有効な販促手段を策定したい

期待される導入効果

競合との激しい競争に勝ち抜くための正しい意思決定、方向策定が可能になります。
不況などで会社の状況が厳しくなるとリサーチの予算を削る企業が少なくありませんが、それは大きな間違いです。 競合との生き残りをかけた競争が激化する時にこそ、正しい意思決定、正しい方向性策定のためのリサーチが不可欠です。 そのような状況の中、弊社では、大手有名調査会社が手の届かない価格で提示してくるものと同等のサービスを、適正価格にてご提供することが可能です。

サービスの仕組み

調査・分析の手法には、いくつかの種類があり、調査の目的に応じて選択し、使い分ける必要があります。ご担当者様と数次のミーティング、ヒアリングを行い、調査のテーマ・目的、コスト、スケジュールに最適な調査手法を提案します。

価格受容調査

商品・サービスの許容価格、利用意向を調査します。
「既存商品に対する評価」と「新製品の価格設定」のどちらにも有効です。

フレキシブルな調査設計

さまざまな商品・サービスに対応するため、決まった調査手順は定めず、その都度フレキシブルに対応します。定量調査(アンケート調査)と定性調査(グループインタビューなど)を適宜組み合わせ、最適な手順を設計します。

アンケート調査

アンケート調査を行う場合には、郵送、FAX、電話、街頭、Webなどの様々な手法がありますが、回答者の属性、想定される回収数、調査期間、コストなど様々な要素を考慮して最適な手法を選択します。必要に応じてアンケート調査以外に定性調査(グループインタビューなど)も組み合わせる場合があります。

グループインタビュー

対象ユーザが個人の場合にグループインタビューを行います。
同じ属性の人(同年代・子持ちの主婦、特定商品のユーザであること、など)の人に集まってもらい、複数の属性にわけて数回行うのが効果的です。

デプスインタビュー

対象ユーザが企業(BtoBの商品・サービス等)の場合、定性調査はグループインタビューよりも個別インタビュー(デプスインタビュー)を用います。

サンプルモニター調査

商品特性によっては、サンプル品を実際に利用してもらい評価してもらうモニター調査を実施することも可能です。

仮説構築の重要性

一般的に市場・ニーズ調査では実査に重きを置き過ぎる傾向があり、軽視されがちですが、「調査の目的の明確化~仮説構築」のステップが重要です。このステップをしっかりと行わないと「調査を行ったけれども曖昧な結果しか得られない」「次の施策に生かせない」ということも起きかねません。

業務ステップ

アフターフォロー

弊社の強みはなんと言っても“コンサルタントの視点”での提言にあります。 調査専門会社のリサーチ業務に加え、下記のオプションをご提示可能です 。

1

コンサルタントによる分析

調査結果に対して、コンサルタントが分析を行い、
課題抽出・ソリューションの方向性を提示します。

2

ソリューション策定

貴社をとりまく「内部環境」「外部環境」を分析し、
課題整理・ソリューション案の抽出を行います。

3

具体的な行動計画策定

複数抽出されたソリューション案の順位付け・取捨選択を行い、
具体的行動計画の策定を行います。

4

実行支援

実際に行動を起こす際の種々のサポート(社員研修の実施・営業ツール作成・システム革新・営業支援など)を提示します。

  • マーケティング
  • マーケティング戦略策定
  • プロモーション
  • マーケティングリサーチ
  • マインズコンサルティングのエキスパート紹介
  • マイコンジャーナル
  • コンサル用語集

このページの上に戻る